iOS10対応に関するお知らせ

10月初旬より予定しておりましたiOS10への対応は、10月下旬に変更となりました。

11月初週よりiOS10に対応したしました。
ファームウェアバージョンをver.15785000へアップデート頂きますよう
お願い申し上げます。

スマートフォン向けアプリも新バージョンのリリースによりアップデート可能となっております。

(2016年11月7日)

製品ラインナップ

EZCast Pro

簡単セットアップのドングルタイプ

ほとんどのOSに対応します(主要5OS)。会議など人が集まる場所で、どんな端末でも大画面表示が可能になります。

もっと詳しくLinkIcon

EZCast Pro LAN -7月15日発売-

上位機種のLANバージョンが登場

EZCast ProにLANポートを搭載したLANバージョン。より多様なセットアップやシチュエーションに対応が可能となりました。

もっと詳しくLinkIcon


「iOS、Android、Windows、Mac、ChromeOS」
マルチデバイス対応。

EZCast Pro シリーズの特長

最高のプレゼン環境を手軽につくりだす

iPhoneでプレゼンテーション

ワイヤレスでiOS端末をミラーリング表示できるから、PowerPoint、KeynoteやPreziで作成した資料でプレゼンテーションが可能です。もちろん音声の再生にも対応。
母艦(メインのデスクトップPC等)で作成したPower Pointの資料を、Dropbox等のクラウドサービスと連携し、さらっと会議で見せる。そんなスタイルが簡単に実現します。
iOS9のミラーリングに対応いたしました。

Android端末でも

さらにiPhoneやiPadだけではなくAndroid端末でも画面をそのままミラーリング可能。お持ちの機器のOSを気にすることなくプレゼンテーション、情報のシェアが行えます。

ほとんどのOSをカバーできる

参加者のOSや端末が異なる環境でも大丈夫

もちろんパソコン(Win/Mac)からのミラーリング投影にも対応します。これにより、世の中に出回っている大多数のOSをカバーします。
会議で発表者が別々のOSを使っていても大丈夫。EZCast ProはOSを選びません。
マルチOS環境を簡単に構築します。

※Airplay、Miracastに準拠。さらに専用ソフトウェアからの投影をサポートします。

EZCastProがあればあらゆるスタイルに対応できる
まさに、いいとこどり


ミラーリングだけでは再現できない完璧な動画の再生など、
専用アプリによるストリーミング再生で対応しています。



※以下の機能はEZCast Pro専用アプリケーションソフトから実行可能です

4分割画面表示



EZCast Proデバイスは別々のデバイスを、同時に画面に4分割表示、2分割表示が可能です。ゼミや授業で、また資料の比較などに便利です。

AirView



プレゼン中の画面と同じものを、参加者の手元に配信することができます。簡易的なペーパレス会議や、セミナーで画面が見えにくい場合などに役立ちます。

DLNA DMR



マルチメディアファイルをEZCast Proにストリーミングで転送するのにDLNA アプリが使用可能です。

動画のストリーミング再生



端末内の動画再生に特化したモードを搭載。ストリーミングでパーフェクトに動画を再生します。字幕ファイルの同期も可能です。

アノテーション機能付きのウェブブラウザ



ビルトインブラウザを搭載しており、いくつかの人気ウェブサイトをカテゴリー別に分類しています。スケッチ機能により、閲覧中サイトにペンで書き込みが可能です。

Youtube等を再生する動画サイトブラウザ



YoutubeやVimeoやその他のオンラインビデオサイトを既存のショートカットでリンクしています。スムーズに動画を再生します。

設定はカンタンステップ

既存のネットワークに組み込む

EZCastProを通してネットサーフィンができるように、既存のネットワーク(無線LAN)との接続をセットアップします。ネットワークをお持ちでない場合、EZCast Proは単体のアクセスポイントとして動作します。

設定はスマートフォン、PCどちらからでも行えます。

数秒で投影が完了

例えばミラーリングなら、iPhoneを立ち上げてから数秒後には完了します。

こんな方にピッタリです

・安価にマルチOSでのプレゼン環境を構築したい

・ミーティング参加者の端末が異なるため、どんな機器を導入したら良いかわからない

・セミナーを開催することがあり、パソコンやタブレットの資料を大画面で見せたい

・学校の教室で、活用されていないテレビがあるため、有効利用したい

・投影中の画面を、参加者の手元の画面に配信したい

・会議で発表者が変わるたびにケーブルを繋ぎ変えるのが煩わしい

実際の活用事例

coming soon....

coming soon

coming soon


気になることや不明な点は気軽にお問合せください。1~2営業日でお返事差し上げます。